プロフィール

RYUSUKE FUDA

Author:RYUSUKE FUDA
日々思ったこと、おもしろいもの。
アート/映画/ウェブ/音楽/チャリ/旅/スポーツ…
詳しくはここをクリック

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
241

生きてこそ

評価:8.51972年、ラグビーチームとその家族・知人を乗せた旅客機がアンデス山脈高度4,200メートル地点に激突・墜落。生き残った人々は死んだ仲間を食べて生き延び、最終的に自力で山を下り生還した実際に起きた事件を映画にしている。淡々と進むがすべてが極限。極寒、飢え、雪崩。そもそも最初の墜落で生きてただけで奇跡的。その後は奇跡でもなんでもなく、人間の肉体、精神の実力。... 評価:8.5<br /><img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/51DGFK3EDHL.jpg" alt="51DGFK3EDHL.jpg" border="0" width="359" height="500" /><br /><br /><br />1972年、ラグビーチームとその家族・知人を乗せた旅客機がアンデス山脈高度4,200メートル地点に激突・墜落。生き残った人々は死んだ仲間を食べて生き延び、最終的に自力で山を下り生還した実際に起きた事件を映画にしている。<br /><br />淡々と進むがすべてが極限。極寒、飢え、雪崩。そもそも最初の墜落で生きてただけで奇跡的。その後は奇跡でもなんでもなく、人間の肉体、精神の実力。<br /><br /><br />
  • Date : 2012-01-22 (Sun)
  • Category : Cinema.
242

将棋の子

将棋の世界があんなにシビアなものとは知らなかったし奨励会のシステムも初めて知った。全国各地で将棋の天才と謳われた子もここでは平凡。そこから努力や運で切り開いて行くしかない世界。すべてが紙一重。一人の将棋のプロを目指した男の厳しくも将棋に救われている実際にいる人物の話。著者は日本将棋連盟で「将棋マガジン」の編集長を勤めていた経験のある大崎善生。... <img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/b0028244_418010.jpg" alt="b0028244_418010.jpg" border="0" width="338" height="475" /><br /><br /><br />将棋の世界があんなにシビアなものとは知らなかったし奨励会のシステムも初めて知った。全国各地で将棋の天才と謳われた子もここでは平凡。そこから努力や運で切り開いて行くしかない世界。すべてが紙一重。<br /><br />一人の将棋のプロを目指した男の厳しくも将棋に救われている実際にいる人物の話。著者は日本将棋連盟で「将棋マガジン」の編集長を勤めていた経験のある大崎善生。<br /><br /><br /><br />
  • Date : 2012-01-19 (Thu)
  • Category : Books.
240

ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男

評価:8.5好きですねー、こういうぶっ飛んだことを実際やっちゃう人。ハワード・ヒューズという全くメディアにも出ず、社内の人すら顔を知らない謎に満ちた大富豪で実業家の男の自伝本をかってに書いて大金を手にした男の話で実際にあった事件。その後バレて逮捕された。こういう良いことでも悪いことでもアイディアを持って強引に動かす人をフューチャーした映画ってアメリカには多いけど日本ではまだまだ少ない。もっとこういうの... 評価:8.5<br /><img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/51zYjfEmCBL.jpg" alt="51zYjfEmCBL.jpg" border="0" width="352" height="500" /><br /><br />好きですねー、こういうぶっ飛んだことを実際やっちゃう人。<br /><br />ハワード・ヒューズという全くメディアにも出ず、社内の人すら顔を知らない謎に満ちた大富豪で実業家の男の自伝本をかってに書いて大金を手にした男の話で実際にあった事件。その後バレて逮捕された。<br /><br />こういう良いことでも悪いことでもアイディアを持って強引に動かす人をフューチャーした映画ってアメリカには多いけど日本ではまだまだ少ない。もっとこういうの観たい。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2012-01-10 (Tue)
  • Category : Cinema.
239

最後の冒険家

埼玉の給食センターで働く公務員であり熱気球による冒険によって数々の世界記録を打ち立て、太平洋横断中に消えた神田道夫の生涯を綴った本。"すでに地図の余白がなくなった現在、地理的な冒険や探検たいった行為は、時間が経つにつれてどんどん不可能になってきている。""主催者名は神田道夫個人です、責任者も神田道夫です。""絶対に成功するとわかっていたら、それは冒険じゃない。でも、成功するという確信がなければ出発しな... <img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/4087467422.jpg" alt="4087467422.jpg" border="0" width="276" height="400" /><br /><br />埼玉の給食センターで働く公務員であり熱気球による冒険によって数々の世界記録を打ち立て、太平洋横断中に消えた神田道夫の生涯を綴った本。<br /><br /><blockquote><p>"すでに地図の余白がなくなった現在、地理的な冒険や探検たいった行為は、時間が経つにつれてどんどん不可能になってきている。"<br /><br />"主催者名は神田道夫個人です、責任者も神田道夫です。"<br /><br />"絶対に成功するとわかっていたら、それは冒険じゃない。でも、成功するという確信がなければ出発しない。"<br />                                神田道夫</p></blockquote><br /><br />著者は自身も登山家として当時の世界最年少で七大陸最高峰登頂や北極点から南極点を踏破するなどの経歴を持ち、神田とも一度気球で太平洋横断に挑戦して死に掛けている。<br /><br />小さい頃はみんな冒険家になる要素があるのに、みんなどこかで置いてきてしまうよね、でもまたどこかで拾ったりする。歳は関係ないね。気持ちだけ。<br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2012-01-08 (Sun)
  • Category : Books.
236

ヒマラヤを駆けた抜けた男

昭和の登山家はいいね、ロマンがある。この本は8000m峰に12回登頂し、世界にある8000m峰14座完登を目指し、マッキンリーで死んだ山田昇の生涯が書いてある。これを読むと当時の日本山岳会と、町の山岳会の違いが分かる。大学山岳部出身を多く要し資金も人員も大規模に投入して頂上を目指し、ほとんどの人は荷揚げに終始する。それに比べて町の山岳部は個人を鍛え上げ、少数精鋭で登頂する。山田は後者で、大学も出ていない。どっち... <img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/123184996921916414684.jpg" alt="123184996921916414684.jpg" border="0" width="500" height="500" /><br /><br /><br />昭和の登山家はいいね、ロマンがある。この本は8000m峰に12回登頂し、世界にある8000m峰14座完登を目指し、マッキンリーで死んだ山田昇の生涯が書いてある。<br /><br />これを読むと当時の日本山岳会と、町の山岳会の違いが分かる。大学山岳部出身を多く要し資金も人員も大規模に投入して頂上を目指し、ほとんどの人は荷揚げに終始する。それに比べて町の山岳部は個人を鍛え上げ、少数精鋭で登頂する。山田は後者で、大学も出ていない。どっちかというと、ロッククライミング出身。クライミング出身者は壁を登る技術は長けてるが、高い高度に体が対応できるかはまた別の話になる。しかし山田は高度でも無類の強さをみせる。実際、無酸素で8000m峰に登頂している。<br /><br />山田が憧れた男や親友は皆山で死んでる。中には山田が一緒にいた時に死んだ者もいる。そんな山田も最後は山で死んじゃう。<br /><br /><blockquote><p>「オレはけっしてバカなことをしない。死にはしないよ。」<br />                            山田昇</p></blockquote><br /><br /><br />
  • Date : 2011-12-23 (Fri)
  • Category : Books.
225

マネーボール

評価:7.5映画館で見た。最近は映画の前にも普通のパチンコとかのCMが流れるのね。あれはやめて欲しい、予告編だけにして欲しい、モチベーションがあがらない。観て良かったですよ。徹底したデータ野球。ブラピの側近、ジョナ・ヒル演じるピーター・ブランドがイエール大学出身で野球はド素人ってとこがまた良いね。これを観るとオーナーとGMと監督、選手の役割がはっきりと分かる。GMがチームを作り監督は指揮をとるだけで人事に... 評価:7.5<br /><br /><img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/201111130855041a6.jpg" alt="201111130855041a6.jpg" border="0" width="630" height="690" /><br /><br />映画館で見た。最近は映画の前にも普通のパチンコとかのCMが流れるのね。あれはやめて欲しい、予告編だけにして欲しい、モチベーションがあがらない。<br /><br />観て良かったですよ。徹底したデータ野球。ブラピの側近、ジョナ・ヒル演じるピーター・ブランドがイエール大学出身で野球はド素人ってとこがまた良いね。これを観るとオーナーとGMと監督、選手の役割がはっきりと分かる。GMがチームを作り監督は指揮をとるだけで人事にはいっさい口を出さない。たぶん日本のプロ野球はここまで線引きされてないと思うけど。DeNAが工藤と折り合いがつかなかったのも確か人事に介入するしないのところだった気がする。<br /><br />最後のレッドソックスのオーナーとの会話はどの世界にも通用する良いことを言ってたね。アメリカって大統領もそうだけど大きい人事を一人の権限でできて、責任もすべてその人に行くのが楽しいね。日本は長い会議をだらだらして責任がどこか分からないし、みんなで決めるから独創的なアイディアは結局通らないからなあ。<br /><br />とりあえず楽天の人事は意味分からん(笑)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2011-12-19 (Mon)
  • Category : Cinema.
233

フェルマーの最終定理

こんなに数学が美しいとは。"フェルマーの最終定理"が証明されるまでの長い長いお話。数学の起源から詳しく書いてある。古代ギリシャのピタゴラスに始まり、エウクレイデスやフェルマーなどなど。フェルマーの最終定理は中学生でも分かる簡単な方程式。しかし誰もそれを証明できない。式はこれ。フェルマーがこの式とともに残した走書きがまるで映画のよう。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでこ... こんなに数学が美しいとは。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/photo.jpg" alt="photo.jpg" border="0" width="454" height="640" /><br /><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">"フェルマーの最終定理</span>"</strong>が証明されるまでの長い長いお話。数学の起源から詳しく書いてある。古代ギリシャのピタゴラスに始まり、エウクレイデスやフェルマーなどなど。<br /><br />フェルマーの最終定理は中学生でも分かる簡単な方程式。しかし誰もそれを証明できない。式はこれ。<br /><img src="http://blog-imgs-10.fc2.com/d/a/r/dary4/124719626901316314278_feruma.jpg" alt="124719626901316314278_feruma.jpg" border="0" width="630" height="189" /><br /><br />フェルマーがこの式とともに残した走書きがまるで映画のよう。<br /><span style="font-size:large;"><strong>「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない。」</strong></span>ここから数学者の300年以上に渡る戦いが始まるが、驚いたのは、フェルマーの最終定理を解くのに非常に重要な役割を担った定理が、谷山=志村予想という日本人のアイディアという事。その他にも日本人が出てくる。やっぱ日本人すげー。<br /><br />数学者が普段何をしているのか想像できなかったけど、これを読んで何となく分かるようになった。ある命題を証明するのに、過去の証明やテクニックをいくつも身につけ、それを組み合わせて証明を行う。フェルマーの最終定理を証明したワイルズは8年間この問題をずっと考え続けた。コンピュータでいくら計算で答えが出せても、それが無理数なのか有理数かを証明する事はできない。数学は人間の知能でしか証明できない。実際ワイルズは紙とえんぴつだけしか使ってない。<br /><br />数学史上最大の謎が解かれた訳だが、ワイルズの証明はフェルマーの時代にはなかった証明や定理、テクニックを多数使っている。ということはフェルマーはいったいどうやって証明しようとしたのかは未だに迷宮である。ここら辺がまたロマンを感じてしまうよね。<br /><br />ちなみに私が始めてこのサイモン・シンが書いた本を読んだのは、大学3回の夏にアジアを放浪してたときにたまたまマレーシアで拾った<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/410215972X/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=fudakikaku-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=410215972X">"暗号解読"</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fudakikaku-22&l=as2&o=9&a=410215972X" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />というもの。これもめちゃくちゃおもしろかった。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2011-12-11 (Sun)
  • Category : Books.
223

落ちこぼれてエベレスト

初めて野口健を知ったのは小学校の時、我が家では毎日朝ごはんの時にラジオを流していた。そこの5分くらいのワンコーナーで毎日野口健が喋っていた。「みなさんおはようございます。アルピニスト野口健です。富士清掃登山…」てな感じで、とりあえずそれで富士山にはゴミが大量にあって、それをこの野口健が登山しながらゴミを拾ってる事だけは覚えている。そこからちょくちょくバラエティーでも見るようになった。まぁ登山の何かの... <img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/d/a/r/dary4/600590.jpg" alt="600590.jpg" border="0" width="319" height="475" /><br /><br /><br />初めて<span style="font-size:large;"><strong>野口健</strong></span>を知ったのは小学校の時、我が家では毎日朝ごはんの時にラジオを流していた。そこの5分くらいのワンコーナーで毎日野口健が喋っていた。<br /><br />「みなさんおはようございます。アルピニスト野口健です。富士清掃登山…」<br /><br />てな感じで、とりあえずそれで富士山にはゴミが大量にあって、それをこの野口健が登山しながらゴミを拾ってる事だけは覚えている。そこからちょくちょくバラエティーでも見るようになった。まぁ登山の何かの最年少記録を持ってるくらいは知ってた。<br /><br />この本は野口健の生い立ちから<strong><span style="font-size:large;">世界最年少で七大陸最高峰登頂</span></strong>までが書かれている。はっきりいって野口健は全然順調じゃない。まぁ題名が”落ちこぼれてエベレスト”だしな。ただ、ガッツというか負けん気というか、そこが人並みはずれてる。そして何よりも<a href="http://dary4.blog134.fc2.com/blog-entry-210.html" target="_blank" title="植村直己">植村直己</a>の影響をものすごく受けているのが分かった。私がこの前読んだ植村直己著の<a href="http://dary4.blog134.fc2.com/blog-entry-205.html" target="_blank" title="青春を山に賭けて">青春を山に賭けて</a>を読んで当時勉強もできず、やりたいこともなかった野口健は山に目覚める。本の最後でも”僕は植村直己さんの弟子なんですから…”と自分で言っている。なので登山のスタイルもその土地や人、シェルパを大事にする姿勢が同じ。<br /><br />それにしても植村直己も野口健もそうだけど登山家は登頂した瞬間に次はあそこに登ろうと決意してる。そういうもんなんかな。それにしてもエベレストは別格だな。空気もたっぷりある平和なソファで読んでてもこっちが息苦しくなる。<br /><br /><blockquote><p>かつて、チベット側からこの山の登頂を目指したロシア人の男性とアメリカ人女性のカップルがいた。山頂を目前にして、妻が力尽き、「私はここで待ってるから、あなただけでも登頂して」と夫を見送った。夫が登頂して妻のところに戻ってきた時には、妻の両足はすでに凍傷にやられていて、一歩も歩けない状態だった。上半身は何の問題もなく意識はしっかりしている。夫は最終キャンプまで戻って、酸素ボンベとお茶を持ってきて妻を元気付けた。足をマッサージした。だが、妻は歩けない。日が暮れ始め、夫はどうしようもないことを悟り、そこからジャンプしたという。妻の目の前で自らの命を絶ったのだ。その夜、妻は凍死した。この夫婦の間で交わされた会話、そして各々が援助を求める声は無線で逐一下のキャンプに届いていた。だが、誰もも彼らを助けることはできなかった。標高8000メートルというのは、そういう世界だ。</p></blockquote><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2011-11-11 (Fri)
  • Category : Books.
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。