FC2ブログ
プロフィール

RYUSUKE FUDA

Author:RYUSUKE FUDA
日々思ったこと、おもしろいもの。
アート/映画/ウェブ/音楽/チャリ/旅/スポーツ…
詳しくはここをクリック

104

カイザース2010シーズン第4節後半。

 カビラ
「さぁ後半は関大のレシーブで試合開始です。中西さん、後半のポイントはどんな所でしょうか?」
中西
「そうですね、後半はQB#18井上のパスが見たいですね。」
カビラ
「ありがとうございます、さぁリターナーはもちろんこの人RB#1藤森裕人ゆうとー。さぁサイドライン付近でボールをキャッチし走り出す藤森、行きます、行きます。ブロッカーを巧みに使いいく、いく、ハーフラインを越えてまだ進む藤森、前に相手がいるが、おぉぉぉぉ、直角にステップを踏んでかわしたー。さぁあとひとりかわせばもう先に相手はいないぞぉ。かわしたー20ヤード、10ヤード、タッチダウーーーーーーン!!藤森キックオフリターンタッチダウン!」
中西
「さすが去年のリーグMVPですね。今年初じゃないですか?これを見に来たお客さんもいるでしょう。」
カビラ
「関大7点追加し14-3としました。いやぁ去年の甲子園ボウルを思い出すリターンタッチダウンでした。」
カビラ
「甲南のファンブルで得た関大の攻撃、自陣40ヤードQB#18井上がスナップを受けるがそこに物凄い勢いでブリッツが入るー!間一髪ボールを投げたがそこにいるのは赤い服だー!インターセプトー!!そのまま走り25ヤード付近でダウン。」
中西
「無理に投げたのが仇となりましたね。」
カビラ
「井上今日2つ目のインターセプトです。」
カビラ
「14-9です。甲南インターセプトで得たチャンスを確実にタッチダウンへ結びつけました。その後2点コンバージョンは関大が防ぎました。いやぁ、まだまだ分からないです。クーーウっ。」
中西
「うーん、QB#18井上はピリッとしませんねぇ。」
カビラ
「追いあげられた関大自陣35ヤード付近から攻撃開始です。むむむ、ここでQBが#18井上から#7池井に代わっています。」
中西
「まぁこの内容では代えられてもしょうがないですね。」
カビラ
「おおっと今度はQBの位置にRB#5播川がいます。」
中西
「ワイルドキャットですね。」
カビラ
「そこからRB#1藤森がモーションしスナップを受けたRB#5播川と交錯するようにしてボールをもらい走ります。見事な走りで10ヤードゲインです。ここで第3Q終了。」

P1020499_R.jpg

カビラ
「関大敵陣35ヤードから攻撃を始めRB#1藤森RB#5播川のランで着実に進み最後は#5播川のランでタッチダウン。残り時間は8分58秒。関大21-9リードです。」
中西
「QB#7池井くんに代わってから攻撃のテンポが良くなりましたね。」
カビラ
「関大QBはまた#18井上に戻っています。RB#39前田力強いランで10ヤードゲイン。」
中西
「頼もしい1回生ですねー、今後に期待です。」
カビラ
「さぁQB#18井上今度はパスをWR#25高崎へ通し敵陣5ヤード地点へ。」
カビラ
「QB#18井上パス2回失敗して3rdダウン、どうやってタッチダウンを取るのか。さぁスナップを受けてパスの構えから投げたー、その先にTE#89青木ー、いやぁ青木塁斗オープンになってましたね。ちなみに青木はかなりの男前です。くーっ!」
中西
「QB#18井上くんも今回は落ち着いていましたね。」
カビラ
「残り時間3分、関大28-9としました。これで試合をほぼ決めました。」
カビラ
「ここで試合終了。関大28-9で甲南を下し開幕からの連勝を4に伸ばしました。放送時間も残りわずかです。中西さん総括お願いします。」
中西
「そうですね、関大勝ちましたが課題の残る試合でしたね。特にオフェンスはこのままでは立命、関学戦厳しいでしょうね。もう少し工夫がいると思います、下級生の成長も必要ですしね。逆にディフェンスは良いと思います。ただLB#2豊田くんが復帰しないとラン守備は厳しいかもしれません。」
カビラ
「ありがとうございました。それでは皆さん次回お会いしましょう。」








関連記事
スポンサーサイト



  • Date : 2010-10-16 (Sat)
  • Category : Sports.
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop