FC2ブログ
プロフィール

RYUSUKE FUDA

Author:RYUSUKE FUDA
日々思ったこと、おもしろいもの。
アート/映画/ウェブ/音楽/チャリ/旅/スポーツ…
詳しくはここをクリック

107

インビクタス/負けざる者たち

観ました。
評価:7.0
b0141962_23282350.jpg

私の大好きな実話系。
ネルソン・マンデラについては前に"マンデラの名もなき看守 "を観ていたのでどういう人物かはだいたい分かっていた。モーガン・フリーマン扮するマンデラが大統領に就任し混沌としていた南アフリカをひとつする。そこで考えたのが地元開催のラグビーW杯優勝。でその時の南アのキャプテンをマッド・デイモンが演じる。監督はクリント・イーストウッド。

個人的な感想としては何か物足りない映画。マンデラと南アのキャプテン両方をフューチャーしたからだと思う。通常こういう映画ではキャプテンにフォーカスを当て、弱小チーム再建からW杯優勝までの道のりを描く。しかしそれではただのスポ根映画になってしまう。そこでマンデラを登場させ、印象を少し変えたかったのではないか。その結果どっちつかずの映画になってしまったようにみえた。実際なぜ弱かった代表チームが優勝できたのかこの映画を見ただけでは分からない。マンデラとキャプテンの交流も映画では2、3回しかない。

とは言っても評価が高いのはやっぱりモーガン・フリーマン、マッド・デイモンの演技の質の高さと原作の素晴らしさだろう。やっぱこの二人は凄い。監督のイースト・ウッドも含め。音楽は息子のカイル・イーストウッドが担当。

I am a master of my fate,
I am a captain of my soul.

          -Nelson Rolihlahla Mandela-









関連記事
スポンサーサイト



  • Date : 2010-10-22 (Fri)
  • Category : Cinema.
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop