FC2ブログ
プロフィール

RYUSUKE FUDA

Author:RYUSUKE FUDA
日々思ったこと、おもしろいもの。
アート/映画/ウェブ/音楽/チャリ/旅/スポーツ…
詳しくはここをクリック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

131

「2,5自由展」その参

後半戦一発目はナオトのジャグリング。

DSC_0325_R.jpg

DSC_0367_R.jpg

DSC_0341_R.jpg


誰もが度肝を抜かれた。
そしてナオトもそれを狙っていた。圧倒的な技術力に加え表現力、軽快なステップと飽きさせない選曲。途中ナオトが衝撃の発表、「実は僕、ジャグリングのある種目で日本一になりました!」おいおい、演者側も誰も知らないぞ。ざわついてる会場を見つつナオトのショーは続いた。あっという間の30分やった。


次の映画はオムが作った青春コメディー。
かねてから映画を撮りたいと言っていたオム。「どうせ撮るならどっか場所借りてみんなに見てもらおうや。」ここから始まったこの自由展、オムの映画はオムらしいシュールなものだった。


最後はケンのライブ。

DSC_0389_R.jpg

DSC_0455_R.jpg

DSC_0443_R.jpg

DSC_0404_R.jpg


ケンの歌は必ずしも上手いわけではない。
しかし声に魂がこもっていて聞いている人の内側にぐさっと刺さる。それはケンの人柄からくる。ケン
が求めるもの、それは「平和」。迷わずに真っ直ぐこれを言える男はそういない。


会場の二階スペースにはヨヨの写真サリーのグラフィックなどが飾られ見る人の足を止めていた。

ケンのライブが終わった18時から3時間はそこにいる人全員でパーティー。
ナオトはもう一度今度は違うパターンでジャグリングを披露してくれたし、見に来てくれた人の中で即興で弾き語りをしてくれたり各々好きな場所で好きな人とお酒片手に語り合う。

ふと誰かが言った。

「自由な空間だなぁ。」

みんなの望みが形になった。










関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2011-02-19 (Sat)
  • Category : Art.
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。